平成26年度 新作甲冑展示会

平成26年度新作甲冑展示会

10月19日、荘内神社参集殿を会場に荘内藩甲冑制作教室で制作しました
足軽甲冑と大将甲冑はじめ、甲冑師・熱田伸道氏が制作した甲冑等を展示し、
「平成26年度新作甲冑展示会」を開催し、みなさんにご覧いただきました。

平成26年度新作甲冑展示会

鶴岡市羽黒町にある松ヶ岡開墾場・新徴屋敷を工房に
甲冑づくりに取り組んできた甲冑制作教室。

いよいよ今年で、3年間に渡る工程を終え、皆様へのご披露となりました。

推定復元兜の贈呈

その席上、推定復元兜の贈呈も行われました。

酒田市松山文化伝承館に、破損著しく兜の下部だけが残されていたものを、
熱田先生が、様々な文献をもとに修復されたもので、このたびその復元を終え
伝承館の平向館長へお渡しする運びとなったものです。

平成26年度新作甲冑展示会

このほか、甲冑着付方指南と題し、甲冑を身につけていく手順なども
みなさまにご披露いたしました。

平成26年度新作甲冑展示会

会場には、甲冑の型紙・制作工程部位なども展示し
会員よりご来場のみなさまにご説明させていただきました。
スポンサーサイト



「荘内大祭」 荘内藩伝承大名行列に御奉仕2013

荘内大祭「荘内藩伝承大名行列」

今年も「荘内大祭」の「荘内藩伝承大名行列」に
荘内藩甲冑研究会もご奉仕させていただきました。

徳川家譜代大名・酒井家がおさめる庄内藩14万石の城下町・鶴岡。

明治10年、酒井家初代・忠次公、二代・家次公、三代 忠勝公、九代・忠徳公を祀る
荘内神社が創建されたことを記念し、旧藩主を慕う庄内一円の人々によって
かつての大名行列が再現され、いまも毎年8月14日~15日に行われる「荘内大祭」で
「荘内藩伝承大名行列」として受け継がれています。

荘内大祭「荘内藩伝承大名行列」

五色旗がたなびき、小学生達による舞姫、御輿、奴振り、薙刀隊に女人列…
今年も8月15日、総勢約500名からなる歴史絵巻が、鶴岡の街で繰り広げられました。

荘内藩甲冑研究会の理事長でもある荘内神社の石原純一宮司は
馬上より沿道をお清めし、行列全体を警護。

荘内大祭「荘内藩伝承大名行列」

当会がご奉仕させていただいている甲冑列。
今年も熱田先生が、甲冑の着付けや作法を指導。

ちびっ子侍たちも行列に加わり、熱田甲冑師が吹く法螺貝の音を合図に
要所要所で「エイエイオー」と、勇ましい勝鬨の声を上げ、市内を練り歩きました。

荘内大祭「荘内藩伝承大名行列」

甲冑列には、マイ甲冑持参で、遠く東京などから参加された方も。

足軽甲冑隊には、台湾やフランスからお越しの方も行列に加わり
今年も国際色豊かな甲冑列となりました。

荘内大祭「荘内藩伝承大名行列」

今年は、8月14日・15日が荘内大祭、16日が、おぃやさ祭り
そして17日が赤川花火大会と鶴岡お祭りウィークと題し、熱く盛り上がった4日間。

荘内藩甲冑研究会・副理事長の宇生庄内映画村社長の真っ赤な甲冑を
赤川花火大会会長であり鶴岡青年会議所理事長の渡邉孝之さんが着用し
鶴岡お祭りウィークを盛り上げました。

足軽甲冑隊が身につけた甲冑は、「甲冑制作教室」で、
昨年、受講生達が初めて甲冑づくりに取り組んで完成したもの。

昨年の足軽甲冑隊と見比べてみてください。⇒ 昨年の荘内大祭の様子
荘内大祭の晴れ舞台、堂々のデビューです。

マイ甲冑をご希望の方も、ぜひ荘内藩甲冑研究会までご相談ください。
ご自分で手作りするもよし、完成品のご用命も承ります。
詳しくはこちら

足軽甲冑隊

庄内藩士達が、刀を鍬に持ち替えて開墾した地
鶴岡市羽黒町にあります松ヶ岡開墾場の新徴屋敷を工房に、
ただいま荘内藩甲冑研究会「甲冑制作教室」は、
2年目の課題「徒歩武者級甲冑」づくりが佳境を迎えています。

毎週土・日曜日は、甲冑づくりの様子を一般公開しておりますので
松ヶ岡開墾場にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。



鶴岡・食の国際映画祭と食のフェスタに参加しました

鶴岡・食の国際映画祭

鶴岡・食の国際映画祭と食のフェスタのオープンニングイベントに
甲冑隊も参加し、城下町・鶴岡の彩りを添えて参りました。

映画村の宇生社長を大将に、エイエイオーのかちどきをあげ
3日間のイベントの盛会を祈念。

鶴岡・食の国際映画祭

鶴岡まちなかキネマを会場に、おにぎりを手にした三原光尋監督の
「しあわせのかおり」をはじめ5作品が上映されます。

またまちキネ駐車場に庄内映画村オープンセットから運び込まれた
トラックステージでは、三原監督や冨樫森監督のトークショーなどが開かれるほか
山王通り商店街などを含め30店以上のおいしい出店が店開きします。

鶴岡・食の国際映画祭

かわいらしい つや姫レディーを囲んで記念撮影!

食と映画のまち、鶴岡をたっぷりお楽しみください。





「荘内大祭」 荘内藩伝承大名行列に御奉仕

「荘内大祭」酒井忠勝公荘内入部390年祭

本日8月15日、徳川家譜代大名・酒井家がおさめる庄内藩14万石の城下町・鶴岡で
庄内地方の夏を彩る歴史絵巻「荘内大祭」が行われました。

総勢約500名が練り歩く「荘内藩伝承大名行列」
荘内藩甲冑研究会も、指導にあたっている甲冑師・熱田伸道先生を先頭に初参加。
例年、8名という甲冑列が一気に30名に大増員。
いつにも増して豪華な行列になりました。

「荘内大祭」荘内藩伝承大名行列

のぼり旗を背に、真っ赤なマイ甲冑に身にまとった庄内映画村の宇生社長
漆黒のマイ甲冑の湯野浜温泉のホテル満光園の社長らも
研究会のメンバーとして初陣を飾りました。

庄内を盛り上げたい社長さん達が集まって、みんなで歩いたら凄いだろうななんて
ちょっと思っちゃったんですけど。来年ひとつ、いかがでしょう♪

あなただけの世界にひとつのマイ甲冑。お作りしますよ。
甲冑キット「A.M.K.(アルモデル・キット)」のご用命は、
荘内藩甲冑研究会まで <(_ _)>

女性の甲冑姿も素敵でした。
県外から参加の方や、遠く台湾からこの祭りに参加したい!とやってきた
8名のみなさんも、足軽甲冑隊として加わって国際色も豊かな甲冑列となりました。

「荘内大祭」荘内藩伝承大名行列

行列の途中、前軍大将、後軍大将 着到報告の儀も披露。
総大将をつとめたのは、鶴岡警察署の若武者甲冑隊のメンバー。
上背があってまさに大将、カッコよかったことぉ(*^o^*)

「荘内大祭」荘内藩伝承大名行列

着到報告のあとは、刀を天に掲げ、エイエイオーの勝ちどきをあげ
熱田先生と宇生社長のほら貝の音と共に市中を練り歩きました。

「荘内大祭」荘内藩伝承大名行列

伊達政宗の三日月の兜や直江兼続の愛兜をかぶったチビッコ武将達は
なんと熱田先生のお孫さん達です。
女の子も巴御前みたいで、かわいかったなぁ♪

「荘内大祭」荘内藩伝承大名行列

今年は、酒井忠勝公荘内入部390年という記念の大祭で、
式典では、松山藩荻野流砲術も甲冑を着ての演武。

伝統の奴振りなどに加え、お姫様達の女人列を守る薙刀隊も登場して、
来たるべき400年に向けての準備が始まった「荘内大祭」です。

荘内藩甲冑研究会「甲冑制作教室説明会」が行われました

甲冑制作教室説明会

荘内藩甲冑研究会の甲冑制作教室説明会・開講式が
荘内神社参集殿で16日に開かれました。

荘内藩甲冑研究会は、酒井忠順(松岡物産社長)さんを会長に、
数多くの甲冑が残る城下町・鶴岡で甲冑文化を保存・継承して行きたい
との願いから今年5月に発足。

説明会には、約50名のみなさんが参加。
茨城や新潟など県外からいらした方もおいででした。
中には、南相馬から、震災で壊れてしまった野馬追いの
甲冑の修復を手がけたいと説明会においでくださった方も。

甲冑制作教室説明会

理事長・石原純一さん(荘内神社・宮司)の挨拶に続き
今回ご指導くださる、名古屋市在住の日本に残る7人の甲冑師の1人
熱田伸道先生から、鶴岡の甲冑文化を保存・継承できる人を育てたい
との甲冑制作教室を開講する意義などをお話いただきました。

熱田先生は、全国各地で、甲冑の修復や制作指導を手がけられておいでで
庄内藩主酒井家二代目・家次公の甲冑の修復もなされていらっしゃいます。

そのご縁で昨年は、庄内映画村オープンセットで甲冑工房「具足屋」を
店開きしていただき、ご来村のみなさんに甲冑の製作工程をご覧いただきました。

説明会では、熱田先生のもとで甲冑師を目指して修行を積んでいる
植木甲冑師心得による製作工程の説明と実演などのほか、
甲冑研究会の副理事長である映画村の宇生社長も、マイ甲冑を持参し、
甲冑を身につけていく様子などを披露。

甲冑制作教室説明会

甲冑制作教室は、毎年8月15日に行われている荘内大祭の武者行列や
映画村での映画撮影などで着用する鎧甲の制作を通じて、
将来的には、甲冑師として旧庄内藩酒井家に伝わる
甲冑の修理と復元に携わる人材の育成を目指します。

1年めは、写真右側の「足軽級甲冑」、
2年めは、写真左側の「徒歩武者級甲冑」
3年めには「侍大将級甲冑」を、4~5名の「組」に分かれて作ります。

そして4年め以降から、いよいよ
自分所有の甲冑づくりに取り組むという長丁場の教室。

男性向きかと思いきや、制作工程には針仕事も多く、
女性の参加も大歓迎ということでした。

鶴岡公園の中にある護国神社の社務所が甲冑工房。
塗りの工程は、松ヶ岡開墾場にある新徴屋敷で行われます。

甲冑制作教室説明会

甲冑づくりに興味のある方、今がチャンスです。
1年めと同じような教室を再び開催するのは3年め以降の予定です。

と、ほんとはこのブログでね、甲冑制作教室の受講生募集の
お知らせしようかと思っていたんですけどもぉ
受講希望者が多く、もう人数的に、これ以上の受け入れが難しいかもと… ^^;
植木心得も、その反響の大きさに驚いていました。 

それでも、どうしてもという方のために、問合先をお知らせしますね。
甲冑制作教室のお問合せはこちら↓
荘内神社(TEL 0235-22-8100) まで。

なお、宇生社長のような甲冑が欲しい、自分で作らずにマイ甲冑が欲しい
もっと手軽に手作りできる甲冑づくりキッドが欲しいなどのご要望がございましたら、
その際は、庄内映画村(TEL 0235-62-2080)までご連絡くださいませ。
分割払いも出来ますよ(^_-)-☆


テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術