熱田先生、今年もJapan Expoへ

昨年の<br /><br />Japan Expoの様子

庄内藩甲冑研究会をご指導くださっている甲冑師・熱田先生の活躍は
国内にとどまらず、昨年に引き続き、パリで開催されるJAPAN Expoに、
今年も参加される予定だそうです。

15,000名収容のメインステージでは
甲冑武者隊の出陣式や抜刀、剣舞、伊賀忍者「阿修羅」のステージ
400名収容の文化ステージでは、甲冑パフォーマンスや甲冑制作が
また、サムライブースも出展予定で、日本からのツアーも計画されています。

ギメ東洋美術館など、フランスの美術館には、非常に状態の良い、
また大変豪華な日本の甲冑が展示されているそうです。

アンヴァリッド軍事博物館に保管されている膨大な西洋甲冑からは
日本の甲冑との類似点も多く見られ、何らかの影響を受けていることが
わかるそうで、ここに注目した小川先生。

西洋甲冑と日本の甲冑の歴史的な影響をまとめた資料はまだ無く、
甲冑文化を広く世界に紹介すると共に、
Japan Expo終了後も、パリに滞在し、そうした調査研究なども
進めていく予定だそうです。

◆第14回 ジャパンエキスポ2013◆
開催期間/7月4日(木)~7日(日)
開催場所/パリ・ノール・ヴィルパント展示会会場
会場面積/120,000㎡
予定来場者数/約23万人
出展ブース/約700
公式サイト/http://nihongo.japan-expo.com/
※1,100名のメディアをはじめ、フランス国内外からVIP 3,700名来場


スポンサーサイト